Wakaの週末ハイキング- 山の歩き方 -

主に長野県、山梨県、静岡県の山を歩いています。

MENU

熊と熊スプレーあれこれ

先日、光岳周辺に山登りへ行きましたが、その時私は子熊ちゃん2匹に遭遇しました。

万が一の時を考えて熊スプレーを持って来ていましたが、結局使うことはありませんでした。

熊は大人しくて無邪気な様子で、人に危害を加える雰囲気は全くありませんでした。

「熊スプレー」を噴射してやろうという気持ちは微塵も湧いてこなくて、むしろそれは可哀想だよなぁと思いました。

 

それがキッカケで熊の事を知りたいと思いました。軽くですが、防備録です。

 

 

熊について正しく理解したい

 ツイッターで、熊の事を調べている方のアカウントを発見しました。

 

 

まるで人間の親子のようで、ほのぼのとしてきます。

母熊はひたすら枝を食べています。

子供がいたずらをすると、すぐに様子を見ています。

 

熊に出会った時の対応 

 

また、こんな漫画も。

 

 

実際に熊が人を襲う事故は起こっていますが、原因は、上に紹介した漫画のように「出会い頭にびっくりしてしまう」事や、「人間の食べ物の味を知ってしまう」事に起因している事がほどんどかもしれません。

それならば、人間の方も対応を心得ておくべきだと思いました。

 

最終手段として熊スプレーを購入

 

それでも熊と和解が出来ない時…

いよいよ「熊スプレー」の出番なのだと思います。

 

私はAmazonでこちらを購入しました。

 

熊撃退スプレー 中型 ホルスター付 (全国の複数の国公立機関・地方自治体正式採用品) B-609-CS

 てっきり、熊スプレーは強力であればあるほど良いものかと思っていましたが、そういう訳ではないようです。

 

ツキノワグマ用を購入する

熊スプレーにはヒグマ用とツキノワグマ用が存在します。

ヒグマ用は、ツキノワグマ用よりもさらに強力で、そのスプレーはツキノワグマには刺激が強すぎるそうです。

その場では有効かもしれませんが、あとからツキノワグマに恨まれて復讐される事もあるそうです。

本州にお住まいの方であれば、ツキノワグマ用を購入する必要があります。

「ヒグマ」にも使えるものは威力が強い。購入時によく確認する必要があります。

 

f:id:vivid_783:20180729100906j:plain

ちなみにこのスプレーは悪人にも有効らしい!

 

熊スプレーの使い方

上部にオレンジの安全クリップがついているので、それを外して、熊に向けて噴射。

風がある時は風向きを考える。

また、反動があるので、必ず両手で噴射するとの事・・・。

凶器であるので扱うのが慎重になります。

誤作動したら大変な事になりかねないので、ザックにしまう際も、上部に入れて丁重に扱いました。

f:id:vivid_783:20180729100936j:plain

このスプレーは2018年7月5日頃に購入しましたが、使用期限は約4年あります。

 

登山中は、ずっとザックのショルダー部分にくっつけて歩いてました。

yamanchu.hatenablog.com

 

 

熊に対して正しい知識と対応を

いいお値段のする熊スプレー、ついに購入しましたができれば実戦で使うことは避けたい。

ツキノワグマは本当は大人しくて優しい動物だと思っています。

むしろ熊のテリトリーに入る人間の方が悪なのかもしれない。

ただ、恐怖の対象として見るのではなく熊の事を正しく理解した上で、対応ができたらなぁと思います。

先日の山登りでは、熊に対してのイメージを変える良いキッカケでした。